総説・研究解説

これらの総説・書籍の解説は、成果発表/解説・書籍などをご覧ください。

  • 守屋央朗 「生体内のタンパク質の発現量はどのような原理で決まっているのか? -プロテオームの拘束条件を探る」生体の科学2018年2月号
  • 石川浩史、江口優一、守屋央朗「細胞内パラメータを測定するという研究志向」実験医学 2017年3月 増刊 Vol.35 No.5
  • 守屋央朗「細胞のタンパク質発現リソース配分とタンパク質発現キャパシティ」 化学と生物 2016年8月号 pp555 - 561
  • 守屋央朗、蒔苗浩司「酵母の組換え能を利用した簡便・高効率なプラスミドの構築」(クローズアップ実験法)実験医学 2014年8月号
  • 守屋央朗「生命システムのロバストネスとは何か?」細胞工学 2014年1月号特集(監修)
  • 守屋央朗「タンパク質の発現量の変化に対する細胞システムのロバストネスを測る」細胞工学2014年1月号 pp19-25
  • 守屋央朗「酵母の持つすべての遺伝子の限界コピー数の計測」生物物理 vol.53 No.6 pp323-326, 2013
  • 金高令子、蒔苗浩司、守屋央朗「酵母のすべての遺伝子の「限界コピー数」を測る」実験医学 2013年6月号 pp1401-1405
  • 恒松雄太 守屋央朗 渡辺賢二「出芽酵母発現システムを利用した天然物の生物合成」化学と生物 2012年3月号 pp163-174
  • 守屋央朗「生命システムのロバストネスを探る・出芽酵母の研究を中心として」化学と生物 2009年4月号 pp269-274 pdfファイル
  • 守屋央朗「細胞システムのロバストネスの測定」現代化学 2009年3月号(No.456) pp26-32 pdfファイル
  • 守屋央朗「頑健さを支えるしなやかさを計測する」 生命誌58「頑健さを支えるしなやかさを計測する」
  • 守屋央朗 北野宏明「gTOW法によるロバストネスの測定」 実験医学 2007 Vol.25 No.2 増刊「ゲノム情報と生命現象の統合的理解」 pp191-197, 2007 pdfファイル
  • 守屋央朗「Saccharomyces cerevisiaeのグルコース感知機構」バイオサイエンスとインダストリー 2005 Vol.63 No.6 pp.30-33
  • 東剛人 守屋央朗 北野宏明「真核生物のセルサイクルにおける基本システムの理解」システム/制御/情報 2006 Vol. 50 No. 8(システムと生命特集号)pp.309-314