PrivatePages

このページでは守屋が考える「プレゼンの極意」について掲載する予定です。

 

0. プレゼンの前に

  • 誰に対するプレゼンなのか?
  • 何を達成したいのか?
     

1. プレゼンの骨格

  • 発表の起承転結
    • タイトル
    • イントロダクションから命題(目標、解きたい問題)の提示
    • 結果
    • まとめとディスカッション
    • 謝辞
  • コラム:コンテンツはつけるべきか否か?
 

2. プレゼンの極意(スライド)

○ 3つの要素「かっこよさ」「分かりやすさ」「発表のしやすさ」(これらは相互に依存している)

 
  • サブリミナル視覚効果
  • 理解の積み上げ/記憶の積み木
  • アイコン化
  • タイトルの使い方
    • 「着地点」としてのタイトル
    • タイトルにメッセージをこめよ
    • 言語化の重要性
  • リダンダンシーを使いこなせ
  • アニメーションの使い方
    • 複雑なスライドをわかりやすくする。
    • 発表者のためにアニメーションを使う
    • 「チラリズム」批判
    • 視覚効果を狙いすぎてはいけない。
  • 文章は書かない。
 

3. プレゼンの極意(発表)

  • 「プレゼン直前の準備」
    • 原稿は読むべきか、そうでないか。
    • アイコンタクト
    • マイクの使い方
    • ポインターの使い方
    • リモコンの使い方
  • タイムコントロール
    • 時間は絶対に守る。
    • 長いプレゼン/短いプレゼン
    • 長いプレゼンはモジュールに分ける。
  • 「プレゼン中のトラブルと戦う」
    • 本当は、戦うべきではない。準備をしっかりとしておく。
  • プレゼンの準備
    • 誰かに聞いてもらう
    • 自分で鏡の前で練習
 

4. 「データをプレゼンする」とは?

  • データには見せ方(魅せ方)がある(グラフ)
  • 科学コミュニティのスタンダードをはずさない
  • 論文を読んで一番適切な見せ方を知っておく
     

5. その他

  • 質疑応答
    • 質問用のスライド
    • 質問を生む余地を
  • 笑いをとれ
  • つまらない発表・分からない発表はプレゼンを学ぶ良い機会