酵母実験プロトコル

 

以下は合成培地の一例です。使用するマーカーにより抜くアミノ酸・核酸は異なります。

 

合成培地(SC-Ura)

SC-U plate
終濃度
Bacto agar*20g-
10N NaOH*200ul-
YNB with Ammonium Sulfate6.7g-
CSM-URA0.77g-
up to 950mL
オートクレーブ
40% D(+)-glucose50ml2%
60℃まで冷ましシャーレに分注*
  • *寒天培地の場合
 

使う試薬のメーカーと型番

  • Bacto agar BD(DIFCO) 214010
  • NaOH ナカライテスク code 31515-65
  • YNB with Ammonium Sulfate フナコシ(MP biomedicals) cat# 4027-512
  • CSM-URA (POWDER) フナコシ(MP biomedicals) cat# 4511-212
  • D(+)-glucose 和光特級 049-31165
  • 酵母の合成培地はMP biomedicalsの他、Filgenからも販売されている。
     

最終更新 2014-05-12 (月) 15:38:04