• 8 揺らぎが機能を決める生命分子の科学
    • 生体分子全般にわたる対象や新しい発想の揺らぎ計測手法・理論により、「揺らぎと生体機能」に挑戦する研究者 を歓迎する。
  • 17 気候系のhot spot:熱帯と寒帯が近接するモンスーンアジアの大気海洋結合変動
    • 気象学・海洋学という分野、データ解析・数値モデリング・現場観測という異なる研究手法を横断・融合する
  • 19 生合成マシナリー:生物活性物質構造多様性創出システムの解明と制御
    • 標的化合物の構造およびバイオインフォマティクスを駆使してゲノム上の設計図(生合成遺伝子)を解読し、論理的に反応経路や出発物質を推定する方法論を開発する。
  • 21 多様性と非対称性を獲得するRNAプログラム
    • 該当する記述無し
  • 22 細胞内ロジスティクス:病態の理解に向けた細胞内物流システムの融合研究
    • 物流解析に有効な画像デジタル解析システムの開発
  • 23 遺伝情報収納・発現・継承の時空間場
    • 計画研究は、生細胞イメージ ング、クロマチン工学、1 分子計測、プロテオミクス、構造生物学、数理生物学、細胞分化制御を主軸として組織している。
    • 木村 暁氏
  • 24 神経系の動作原理を明らかにするためのシステム分子行動学
    • イメージングや数理などの技術が本領域の推進に重要である
  • 25 配偶子幹細胞制御機構
    • 該当する記述無し
  • 26 活性酸素のシグナル伝達機能
    • 該当する記述無し

  • 27 シナプス・ニューロサーキットパソロジーの創成
    • 該当する記述無し
  • 28 動く細胞と場のクロストークによる秩序の生成
    • (ウ)数理モデル化とウエット実験との組み合せによって「動き・ゆらぎ」の意味を解く
    • 上田 昌宏氏
  • 29 がん微小環境ネットワークの統合的研究
    • 該当する記述無し
  • 30 細胞機能と分子活性の多次元蛍光生体イメージング
    • 該当する記述無し
  • 31 感染・炎症が加速する発がんスパイラルとその遮断に向けた制がんベクトル変換
    • 該当する記述無し
  • 32 メゾスコピック神経回路から探る脳の情報処理基盤
    • メゾ回路構成をモデルにした脳型情報処理方式・デバイス・ロボット
    • A03 メゾ回路の計算原理
  • 33 生命応答を制御する脂質マシナリー
    • 該当する記述無し
  • 34 翻訳後修飾によるシグナル伝達制御の分子基盤と疾患発症におけるその破綻
    • 200 万円を上限とする数理・シミュレーション研究を6 件程度予定
    • A03 数理科学を基盤とするシグナル研究
    • 市川 一寿氏
  • 35 多方向かつ段階的に進行する細胞分化における運命決定メカニズムの解明
    • 該当する記述無し
  • 36 大地環境変動に対する植物の生存・成長突破力の分子的統合解析
    • A03(モデリング研究)において数理モデルとコンピュータシミュレーションを駆使することにより、ストレス環境下で植物が示す環境突破力の分子メカニズムを理論的に明らかにする。
    • A03 モデリング研究
    • 佐竹 暁子氏
  • 37 植物の環境感覚:刺激受容から細胞応答まで
    • 該当する記述無し
  • 38 細胞シグナリング複合体によるシグナル検知・伝達・応答の構造的基礎
    • 該当する記述無し
  • 39 血管ー神経ワイヤリングにおける相互依存性の成立機構
    • 該当する記述無し
  • 40 神経細胞の多様性と大脳新皮質の構築
    • 該当する記述無し
  • 41 3次元構造を再構築する再生原理の解明
    • 再生の普遍原理の解明、および再生不能動物への適用を考える上で、数理モデルが不可欠である。
    • A03 再生原理の理論化
    • モデラーがいない!
  • 42 ゲノムアダプテーションのシステム的理解
    • 該当する記述無し
  • 43 食欲と脂肪蓄積の制御と破綻の分子基盤の解明
    • 該当する記述無し
  • 44 ミクロからマクロへ階層を超える秩序形成のロジック
    • それらをもとに数理モデルを構築し、モデルと実験の双方向の検証を行うことによって、パターン形成や器官形成などのマクロな秩序形成のロジックを明らかにする
    • A02 階層を超える秩序形成を計測、解析(モデル化)する技術開発
    • 近藤 滋氏!
  • 45 複合適応形質進化の遺伝子基盤解明
    • 複合適応形質進化モデルのシミュレーションなどの数理解析を行う提案も歓迎する。
    • 望月 敦史氏(が隠れている)
  • 46 パーソナルゲノム情報に基づく脳疾患メカニズムの解明
    • 膨大なゲノム情報の解析のための新しい遺伝統計学、大規模並列計算処理を開拓できる提案を期待する。
  • 47 癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築
    • 該当する記述無し
  • 48 ゲノム複製・修復・転写のカップリングと普遍的なクロマチン構造変換機構
    • 該当する記述無し
  • 49 性差構築の分子基盤
    • 該当する記述無し
  • 50 先端技術を駆使したHLA多型・進化・疾病に関する統合的研究
    • 該当する記述無し
  • 52 学際的研究による顔認知メカニズムの解明
    • 全外的に工学
  • 53 東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト
    • データ同化を含めたコンピュータシミュレーションモデルによる解析
  • 54 サンゴ礁学-複合ストレス下の生態系と人の共生・共存未来戦略-
    • C02 複合ストレスの包括的評価・予測とサンゴ礁生態系応答モデル
  • 55 システム的統合理解に基づくがんの先端的診断、治療、予防法の開発
    • 生体分子ネットワークや細胞・組織レベルでの数理モデリング・シミュレーションなどの解析を可能とする情報プラットフォームを整備し
    • A01 システム生物学的アプローチによるがん病態の解明
    • 宮野 悟氏
  • 56 質感認知の脳神経メカニズムと高度質感情報処理技術の融合的研究
    • 工学
  • 57 統合的多階層生体機能学領域の確立とその応用
    • 生体機能のシミュレーション手法の研究
    • A02 心臓興奮の頑健性と破綻の多階層システムバイオロジー研究
    • A03 小分子生体内挙動の多階層システムバイオロジー研究
    • 北野 宏明氏

  • 12 生物系 動植物に共通するアロ認証機構の解明
  • 13 天然変性タンパク質の分子認識機構と機能発現
  • 14 植物生態学・分子生理学コンソーシアムによる陸上植物の高CO2応答の包括的解明
  • 15 非コードRNA作用マシナリー
  • 16 哺乳類初期発生の細胞コミュニティー
    • 小林 徹也氏
  • 17 内因性リガンドによって誘導される「自然炎症」の分子基盤とその破綻