私がシステムバイオロジーを選んだのはなぜか?

私が「システムバイオロジー」を始めたのには、「私にとってのシステムバイオロジー」に書いたような「科学的・社会的な理由」の他に、2つほど私的な理由があります。

酵母研究者として何をすべきか考え続けたポスドク時代

私はそれまで10年近く酵母の研究を続けてきました。酵母のページにも書きますが、酵母は実験生物としてとても魅力的です*1。しかし酵母のような微生物のモデル生物は、そのモデル生物としての価値を失ってしまう危険性を常に持っています*2。大学院を出てからも酵母で研究を続けながら、このまま酵母の研究を続けていくためには、これまでと同じ分子生物学や生化学ではもう酵母にアドバンテージがない、なにか酵母だからこそアドバンテージがあることをやらなければならないと思っていました*3。酵母以外の生物についても「自分の遺伝子・蛋白質」を見つけようとする、金鉱掘り的な分子生物学に少々辟易していたのも事実です。当時2000年頃からは、酵母ではゲノミクスがブレイクしていましたが、

  1. 大規模でお金がなければ出来ない
  2. 情報ばかりが沢山出てくるだけで「生物らしさ」がない(下っ端はただの労働者)*4
  3. 高等生物に直ぐにこの手法が適応されそう(酵母であるアドバンテージが生かされていない)
  4. もうすでにアメリカで十分に成熟していて今から始めても新しくない

などといった理由からほとんど魅力を感じませんでした。

30年後も私が/酵母で続けられる事をやりたい、そしてそれが「システムバイオロジー」でした。

「システムバイオロジー・北野宏明」との出会い

私は実は2000年頃、ERATO北野共生システムプロジェクトというものがあることを知り、北野氏の本を読んだりして北野氏や冨田氏のやっていること*5に非常に魅力を感じていたのですが、いかんせんシミュレーションについてはずぶの素人で、とても私がそこに飛び込んで何かできるとは思えませんでした。それから4年ほどたってもう一度自分の進路を考え始めた頃に、ひょんな事から今井慎一郎さん*6とお話しする機会に恵まれました。

しかも折しもワシントン大学では今井さんが主催して第3回目のシステムバイオロジー国際会議(ICSB)が開かれようとしていること、北野氏が酵母で実験ラボを立ち上げようとしているところであること、などを聞きました。

実験技術ならばかなりの自信がありました。シミュレーションを学ぶならば日本の方がいいに決まっています。そして、何より憧れの北野氏、そして「システムバイオロジー」の本拠地です。「今こそチャンスだ!」と思いました。

それから北野氏にコンタクトを取り、ICSBで面接をし、幸いにして北野氏のプロジェクトで働かせていただけることになったのです。

私が好きなものが癒合したのがシステムバイオロジー

なぜ私がシステムバイオロジーに興味を持ったのでしょうか?それは私がコンピュータ(あるいはコンピュータゲーム)が好きだというのは間違いなくあります。近年の生命科学の発展はめざましいものがありますが、コンピュータの「日進月歩さ」には及びません。その「日進月歩さ」をうらやましく傍目に見ながら生命科学をやり続けるよりは、それが融合した学問で飯を食う方が楽しいに決まっています。そういう思いが常にあったのだと思います。そして、システムバイオロジーの考え方に適した、論理的で繊細な実験の出来る酵母という「究極の細胞」を実験材料として長らく使い続けてきたこともそれを加速したと思います。そのあたりが私にとって、裏に隠れた(真実の)「システムバイオロジー」への誘惑だったのでしょう。

 

システムバイオロジーのページへ

2008-06-04 (水) 00:00:00

*1 時々、「醸造だけでなく実験についても、人類の役に立つために生じた生き物なのではないか?」とおもうことがあります。
*2 ファージや大腸菌がそうだと思います
*3 「酵母をやめる」という選択肢も当然あったのでしょうが、当時の私には(今もですが)他の生物に乗り換えてうまくやれる自信がありませんでした。それだったら逆に「酵母を自分の武器にしてやる」と思うことにしたのです。事実そのおかげで留学することも出来たのですから。
*4 これは私が大学院時代に「ゲノム解析」のラボのいて「ゲノム解析は楽しくない」という刷り込みを受けたせいかもしれません。
*5 当時「システムバイオロジー」といっていたかどうかは覚えていません。
*6 北野氏とシステムバイオロジーを始められた方で、私が当時務めていたワシントン大学で研究室を主宰されていました。