酵母の細胞周期のロバストネスに関する3つの新しいNature論文

  • まずは、J. FerrellらのNews&Views
    Santos SD, Ferrell JE., Systems biology: On the cell cycle and its switches., Nature. 2008 Jul 17;454(7202):288-9.

以下は上記の論文で紹介されていた論文

  • F. Crossグループの、G1→S期にG1サイクリンの転写のポジティブフィードバックの存在とその意義をしめした論文
    Skotheim JM, Di Talia S, Siggia ED, Cross FR., Positive feedback of G1 cyclins ensures coherent cell cycle entry., Nature. 2008 Jul 17;454(7202):291-6.
  • D. Morganグループの、M期に見られるSecurinのCDKによるリン酸化、Cdc14による脱リン酸化によっておこるポジティブフィードバックとその意義を示した論文
    Holt LJ, Krutchinsky AN, Morgan DO., Positive feedback sharpens the anaphase switch., Nature. 2008 Jul 17;454(7202):353-7.

上記、両者とも単一の細胞の観察がフィードバックが生み出すロバストネスの観察にいかに重要かを示している。

  • 以下の論文は、上記とはちょっと趣旨が違うが、Clb−CDKの活性を無くしても転写因子が作るネットワークが転写の振動を起こさせることができるという(私には驚きの)論文
    Orlando DA, Lin CY, Bernard A, Wang JY, Socolar JE, Iversen ES, Hartemink AJ, Haase SB., Global control of cell-cycle transcription by coupled CDK and network oscillators., Nature. 2008 Jun 12;453(7197):944-7.

研究

2008-08-04 (月) 00:00:00