RIGHT:[[To English Page>TopEnglish]]

このサイト((このサイトは、FC2レンタルサーバー上に構築したPukiWiki 1.4.7、スキンは[[hirokasa氏:http://hirokasa.com]]のsimple2を一部改変して利用しています。このような素晴らしいCMSを(無償で)提供してくださっている方々に感謝いたします。))は、私(守屋央朗)の研究活動について紹介するページです。私の仕事の内容を紹介しつつ、なるべく公開する価値のあるコンテンツを載せていきたいと思います(未完成のページがいくつかあります。ご了承ください。)。現在は、専門的な内容とそうでないものがごっちゃになっている状態です。少しずつ整理していきたいとおもいます。

このサイトのコンテンツに関するご意見やご質問、ご感想など[[守屋まで:hisao.moriya@jfcr.or.jp]]是非およせください。

----
#ref(http://pds.exblog.jp/logo/1/200604/03/49/f010764920060904165203.jpg,around,right)

-[[守屋央朗について>CV]]~
このサイトを書いている人間が何者かを書いてあります。というか守屋の履歴書です。

-[[研究成果など>成果発表]]~
守屋のこれまでの成果発表について書いてあります。守屋の原著論文の日本語の解説とそれにまつわるエピソードも載せてあります。

-[[「システムバイオロジー」の解説>システムバイオロジー]]~
守屋が行っている研究は「システムバイオロジー」という学問分野に入ります。比較的若い「システムバイオロジー」という学問とは何なのか? また、システムバイオロジーで非常に重要な概念である「生命のロバストネス」とは何なのか?それを解説していこうと思います。

-[[遺伝子綱引き法とは?>遺伝子綱引き法]]~
「遺伝子発現をどこまであげたら細胞は死ぬのか?」そんなことを調べるためにつくった遺伝子綱引き法について解説します。守屋が現在中心的な実験手法として用いているものです。
「発現をどこまであげたら細胞は死ぬのか?」そんなことを調べるためにつくった遺伝子綱引き法について解説します。守屋が現在中心的な実験手法として用いているものです。

-[[研究に関するもの>研究]] ~
守屋の研究に関連した雑多なレポート、随筆などを掲載してます。システムバイオロジーの研究にもちいられるソフトウェアについても掲載してあります。

-[[酵母の情報]]~
守屋が実験材料として用いている出芽酵母と分裂酵母についての情報です。また、バカでもできるDNAクローニング法・Gap-Repair Cloningについても解説しています。

-[[Hismoriyaブログ:http://Hismoriya3.exblog.jp]]~
守屋が更新しているブログへのリンクです(下には最近の5件が表示されています)。
>
#showrss2(http://Hismoriya3.exblog.jp/index.xml,menubar,5,1,1)

#br
RIGHT:&lastmod();

#analog