[[Research/Yeasts]]


{{ :pombeG.png?100}}
{{:pombeR.png?100 }}

*分裂酵母情報 [#n62b39db]

分裂酵母の研究で必要な基礎情報をのせます。

**菌株について [#p8d5b014]

^ 株の名前     ^ 遺伝子型      ^ 由来など         ^ 入手日 ^
| Sp286        | h+/h+ ade6-M210/ade6-M216((ade6のアリルに関しては[[http://www-rcf.usc.edu/~forsburg/plasmids.html|Forsburgのページ]]を参照)) ura4-D18/ura4-D18((ura4-D14は完全欠失(リアルタイムPCRの結果から))) leu1-32/leu1-32    |  [[http://pombe.bioneer.co.kr/technic_infomation/MutantCreation.jsp|BIONEER]], 破壊株コレクションホスト       | 2007.10 |
| 972h          | h- | 千葉大学松浦氏, 野生株 |2006.8 |
| FY254        | h- ura4-D18 leu1-32 ade6-M210 can1-1 | [[http://www.atcc.org/common/catalog/numSearch/numResults.cfm?atccNum=201402|ATCC]] | 2007.8 |
| FY7652      | h- leu1-32 ura4-D18     | [[http://yeast.lab.nig.ac.jp/nig/|NRBP]]     | 2006.11 |
| FY7549      | h- leu1 ura4     | [[http://yeast.lab.nig.ac.jp/nig/|NRBP]]      |2006.11 |
| FY6955      | h- leu1 ura4-D18    | [[http://yeast.lab.nig.ac.jp/nig/|NRBP]]      |2006.11 |
| OM2           | h- leu1-32 |千葉大学松浦氏  |2006.8 |
| JY741         | h- ura-D18 leu1 ade6-M216 | 千葉大学松浦氏, growthが遅い |2006.8 |
| JY746         | h+ ura-D18 leu1 ade6-M210  | 千葉大学松浦氏 |2006.8 |


**プラスミドについて [#f3950bbd]
Pombeのプラスミドについて、Guide to Yeast Genetics and Molecular Biology PartAのPombeの章やこの[[http://www-rcf.usc.edu/~forsburg/plasmids.html|Forsburgのページ]]、文献1(({{pubmed>long:7590311}}))に書いてあることをまとめると、

***複製起点と安定性について [#if913133]
-出学酵母の2ミクロンDNAは使えるが、安定に保持されない(脱落する)。
-Pombeの//ars1//を持つプラスミド(pSP2など)の方がすこし安定に保持される((Mitotic stability 30%, copy number 0.5, 文献1より))。
-//stb//というよくわからないDNA elementを持つプラスミド(pFL20) はかなり安定に保持される((Mitotic stability 62%, copy nunber 5, 文献1より))。
-//ars3002//をタンデムに持ったプラスミド([[http://www.addgene.org/pgvec1?f=c&cmd=findpl&identifier=8848|pDblet]])はかなり安定に保持される((Mitotic stability 73%, copy nunber 6, 文献1より))。
***多量体化について [#ue9a18c8]
-pDbletは2量体が多少見られる、pFL20は多量体は見られない、pSP2は多量体化することがある(文献1より)
***マーカー遺伝子について [#yd6bca64]
-//Sc_LEU2//は//Sp_leu1//をよわく相補
-//Sc_URA3//は//Sp_ura4//をとても弱く相補