&color(red){このページは執筆中です。};

出芽酵母の細胞分裂周期遺伝子の'''in vivo'''ロバストネス解析~
&ref_paper(16839182);~

----
#br

この論文は、細胞のロバストネスを測定する遺伝子綱引き法を開発して、出芽酵母の細胞周期関連遺伝子のロバストネス(遺伝子コピー数の上限)を測定したという内容の論文です。現在守屋が中心的な実験手法として用いている遺伝子綱引き法の開発とその利用について書いたもので、コンセプト自体も簡単に説明するのが難しいので、複数のページ分けて個別に解説したいと思います。

-[[遺伝子綱引き法]]~
守屋が開発した「遺伝子発現の上昇に対する細胞システムのロバストネス」を測定できる実験系についての解説です。

-[[プレスリリース用解説:http://www.sbi.jp/Research_1J.htm]]~
守屋が所属していたJST北野共生システムプロジェクトのウェブページへのリンクです。プレスリリース用に作成したものです。

-[[日本語の解説>成果発表/解説・書籍など]]~
実験医学の増刊号に書いたものです。この論文で発表したgTOW法に関しての解説です。

#br
[[成果発表/論文発表]]のページへ
RIGHT:&lastmod();