[[研究]]のページへ

-Kim SY, Ferrell JE Jr.
Substrate competition as a source of ultrasensitivity in the inactivation of Wee1.
Cell. 2007 Mar 23;128(6):1133-45.
PMID: 17382882

超感受性 (ultrasensitivity) といえばFerrell。

-cooperativity
-enzyme saturation(ゼロ次超感受性)
-multisite phosphorylation
-stoichiometric inhibitors

そしてのこの論文で、
-substrate competition
を提唱している。

サイクリン依存性キナーゼのターゲット部位が細胞内には沢山存在するがそのほとんどは、あまり基質蛋白質の活性に変化を起こさないもので、それは真に必要なリン酸化を超感受性にするために、基質同士の競合を起こさせる、デコイとして働いたいるという話。今回はその基質の1つとしてwee1を取り上げて生化学実験を延々と繰り返しているのだが・・・データがいまいちすっきりしない。本当に超感受性になっているといえるのだろうか?

以下は、Ferrellの有名なTiBS超感受性レビューシリーズ。
-Ferrell, J.E., Jr. (1996). Tripping the switch fantastic: how a protein
kinase cascade can convert graded inputs into switch-like outputs.
Trends Biochem. Sci. 21, 460–466.

-Ferrell, J.E., Jr. (1997). How responses get more switch-like as you
move down a protein kinase cascade. Trends Biochem. Sci. 22,
288–289.

-Ferrell, J.E., Jr. (1998). How regulated protein translocation can produce
switch-like responses. Trends Biochem. Sci. 23, 461–465.