*Gap-Repair Cloningを使おう! [#t5b3b7ce]
出芽酵母の細胞内では、相同組み替えの活性が非常に高く25bp程度の相同領域があれば、相同組み替えがおきてDNA断片が連結されます。この活性を利用して、酵母細胞内で様々なプラスミドのコンストラクトを構築することができます。これを「Gap-Rapeir Cloning」と呼びます。試験管内でのリコンビネーションを利用したGateway Cloningという手法があり、Invitrogenから発売されていますがそれに比べて自由度が高く、低コスト・高効率で、複雑な構造のプラスミドも構築可能です。ここでは、そんなGap-Repair CloningについてとくにGateway Cloningとの比較を意識して解説します。

#本ページでは、Gap-Repair CloningをGRC、Gateway CloningをGWCと略させていただきます。

**1. GRCで出来ること [#kdc3b226]
-相同組み替えを用いたプラスミドの構築~
近年広まってきた、GWCでは、試験管内で相同組み替えをおこさせてDNAを特異的部位で連結し、プラスミドを構築する手法です。

**2. Gap-Repair cloningのやり方 [#a0ff1607]

**3. Gap-Repair cloningのメリット [#l96a702a]

**4. Gap-Repair cloningのデメリットは [#te660026]


[[酵母の情報]]のページへ