#ref(IMG_0099.JPG,nolink,around,right,70%);
*守屋央朗 (もりやひさお) [#s8675e8d]


1970年4月 岡山県生まれ ~
-[[岡山大学 異分野融合先端研究コア:http://rcis.vbl.okayama-u.ac.jp]] 准教授

-出芽酵母と分裂酵母をモデル細胞として、独自に開発した「[[遺伝子つなひき法]]」を用いて、細胞システムのロバストネス発揮の基本原理の解明や、高性能な細胞周期コンピューターモデルの開発を行っています。さらにこれを発展させて癌などの疾患の新たな治療手段の開発を目指しています。

*連絡先 [#b52c5739]
〒700−8530~
岡山市津島中3−1−1 岡山大学新技術研究センター内~
Tel:086-251-8712~
Fax:086-251-8705~
hisaom at cc.okayama-u.ac.jp

*学歴 [#c24be088]
-1989年3月 岡山県立倉敷南高等学校 卒業
-1993年3月 神戸大学理学部生物学科 卒業
-1995年3月 神戸大学大学院理学研究科修士課程 修了
-1998年3月 神戸大学大学院自然科学研究科博士後期課程 修了(博士理学取得 指導教授:磯野克己)~
博士論文タイトル 「出芽酵母のRNAヘリカーゼ DHH1の機能解析」

*職歴 [#a134b64d]
-1998年4月 [[三菱化学生命科学研究所:http://www.mitils.co.jp/]] 特別研究員
-2001年4月 Washington University School of Medicine ([[Mark Johnston Lab.:http://www.genetics.wustl.edu/mjlab/]]) リサーチアソシエイト
-2004年4月 (独)科学技術振興機構 ERATO-SORST北野共生システムプロジェクト 研究員
-2004年4月 [[特定非営利法人システムバイオロジー研究機構:http://sbi.jp/]]研究員(兼任)
-2006年8月 [[(財)癌研究所:http://www.jfcr.or.jp/laboratory/tci/index.php]]システムバイオロジー部研究員(兼任)
-2006年10月 [[(独)科学技術振興機構 さきがけ「生命システムの動作原理と基盤技術」領域:http://www.sysbio.jst.go.jp/]]研究者
-2009年2月 岡山大学異分野融合先端研究コア特任助教
-2011年4月より 同 特任准教授
-2013年4月より 同 准教授

*フェローシップ等 [#e4a762f2]
-1995年4月-1998年3月 学術振興会特別研究員(DC1)
-2006年10月-2010年3月 (独)科学技術振興機構 戦略的創造事業 さきがけ研究者

-2004年3月 International Workshop for Integrated Yeast Sciences at Okinawa の参加者として採択
-2007年6月 Centre for Computational and Systems Biology(Trento, Italia)に訪問研究員として招聘
-2007年10月 日本学術振興会 国際学会派遣事 に採択

*所属学会 [#x0ef23d3]
-[[日本分子生物学会:http://wwwsoc.nii.ac.jp/mbsj/]]
-[[酵母遺伝学フォーラム:http://yeast-forum.org/]] 運営委員会・広報(ウェブページの管理)担当
-[[日本バイオインフォマティクス学会:http://www.jsbi.org/]]
-[[日本生物物理学会:http://www.biophys.jp/]]

*よく参加する学会 [#see91988]
-Yeast Genetics and Molecular Biology Meeting
-International Conference on Systems Biology

*[[成果発表]] [#k9b95c5b]
守屋のこれまでの研究成果などを書いてあります。守屋の原著論文の日本語の解説とそれにまつわるエピソードも載せてあります。

*[[言葉]] [#l7b7ab5b]
RIGHT:&lastmod();

#analog