守屋研過去のニュース

2016年のニュース

2016.12.1 当研究室の金高令子が第39回日本分子生物学会年会で、優秀ポスター賞を受賞しました

2016.9.14 当研究室の江口優一がICY14のThe CARL SINGER FOUNDATION Sessionの口頭発表で二位になりました。

江口が受賞
江口が受賞

2016.8.22 タンパク質の局在化プロセスへの過負荷が引き起こす細胞増殖遅延について調べた論文が、Scientific Reports 誌に掲載されました。プレスリリースの内容はこちらです。科学新聞に取り上げられました(平成28年11月4日号)。

2016.7.26 2015年度に守屋と佐藤伸先生が担当した教養講義「生命の基本原理と生活の中の生物学」が、平成27年度岡山大学ティーチング・アワード表彰「先進教育賞アクティブラーニング分野」及び「優秀教育賞大規模授業部門」に選ばれました。

賞状と目録
賞状と目録
受賞を喜ぶ佐藤先生と守屋
受賞を喜ぶ佐藤先生と守屋

 

2016.6.6~ 守屋がトロントで在外研究を行います(9月まで)。

2016.4 当研究室の石川浩史が日本学術振興会特別研究員(DC2)に採択されました。

2016.1 科研費・国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)に採択されました。

2015年のニュース

2015.11 過剰発現実験の定量的側面について書いたperspectiveがMBoC誌に掲載されました

 

2015.11.14 第33回YEAST WORKSHOPを主催しました。当研究室の江口優一がポスター賞を受賞しました。

2016.7.26 守屋が「化学と生物」誌に、解説記事「細胞のタンパク質発現のリソース配分とキャパシティ」を書きました
化学と生物

 

2015.5.7 異数体の増殖遅延は少数の量感受性遺伝子のコピー数の変化によるものではないことを示した論文が Genes & Development 誌に発表されました。この研究は、MIT の Angelika Amon教授グループとの共同研究の成果です。

 

2015.6 Lucileさんの歓迎会を行いました。

キリンビール工場にて
キリンビール工場にて

 

2015.3.31 わずかなコピー数上昇で細胞増殖を阻害する新奇の小さな遺伝子(OTO1: Orphan toxic when overexpressed)の論文がPLOS ONEに発表になりました

2015.3.25 森くんと國末さんが博士課程修了いたしました。おめでとうございます。

國末さん、守屋先生、森くん
國末さん、守屋先生、森くん
楽しい時間をありがとうございました。
楽しい時間をありがとうございました。

 

2014年のニュース

2014.9.26 理化学研究所・疾患システムモデリンググループの川上英良さんにセミナーをしていただきました。

川上さんとラボメンバーの交流会
川上さんとラボメンバーの交流会

2014.9.23 9月22日〜23日に、異分野融合先端研究コアで「摂動生物学研究会2014」を開催しました。

摂動生物学研究会2014
摂動生物学研究会2014

2014.9.8 実験医学9月号のDr. キタノのシステムバイオロジー塾の「第6講 モデル構築におけるロバストネスとノイズ」で、海津・守屋の酵母の細胞周期のロバストネス研究が紹介されました。

2014.9.6 酵母実験講習会@岡大を行いました。科研費新学術領域「生合成マシナリー」の活動の一環です。皆さまお疲れさまでした。

酵母実験講習会の参加者の皆さんです。
酵母実験講習会の参加者の皆さんです。

2014.9.6 酵母遺伝学フォーラム第47回研究報告会で、守屋と金高が口頭発表、石川がポスター発表を行いました。石川がポスター賞を受賞しました。おめでとうございます。

ポスター賞を受賞したポスターと石川君

2014.9.6 実験医学8月号のクローズアップ実験法に「酵母の組換え能を利用した簡便・高効率なプラスミドの構築」を書きました。

2014.5.19-21 東北大学から牧野能士さんが来られました。酵母の進化実験などについて研究打ち合わせを行いました。

2014.5.9 岡山大学医歯薬総合研究科(薬学系)に4月に着任された、須藤雄気先生にセミナー「光生物物理化学:レチナールタンパク質の理解と利用」をしていただきました。

2014.4.1 RCIS技術職員の杉本育代さん、博士後期課程の石川浩史さんがメンバーに加わりました。

2014.3.28 関口さんの送別会をしました。

関口さん、お疲れさま&ありがとうございました。
関口さん、お疲れさま&ありがとうございました。

2014.1.29 岡山大学医学部の竹田哲也さんに、セミナー「細胞分裂における膜と細胞骨格のダイアログ:F-BAR蛋白質の研究を通じて」をしていただきました。

写真
セミナー後の懇親会。吉備土手です。

2014.1.9 タンパク質発現量の下限を測定する実験手法TIPI-gTOWの論文が、BMC Systems Biology誌に掲載されました。雀部さん・進谷さんが中心に行った研究です。

2014.1.1 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

HNI_0030

2013年のニュース

2013.12.13 遺伝子破壊株合体祭りの模様を掲載しました。

2013.12 守屋が監修した細胞工学のロバストネス特集が出版されました。

2013.12.2-3 酵母ルネッサンス前夜祭を岡山大学 異分野融合先端研究コアで行いました。それに引き続き、分子生物学会2013年度年会でワークショップ「酵母研究ルネッサンス」を行いました。

2013.11.29 オハイオ州立大学の諸橋賢吾さんにお越しいただき、セミナー「低分子化合物標的ネットワークにむけて『フラボノイド標的タンパク質の網羅的同定』」をしていただきました。

諸橋さんとの夕食です。
諸橋さんとの夕食です。

2013.11.12 自動核酸泳動装置MultiNAが研究室に導入されました。

2013.10.17 静岡県立大学の渡辺先生との共同研究の論文がNature Chemical Biologyに掲載されました

2013.9.3 分裂酵母で遺伝子コピー数とタンパク質発現量の関係を測定した論文がPLOS ONEに掲載されました。今年3月に博士課程を修了した茅野さんの仕事です。

2013.7.25-26 奈良先端科学技術大学院大学・森研究室の竹内力矢さんが研究室にこられました。

2013.6.20 6月から着任された関口さんの歓迎ランチをしました。

関口さんの歓迎ランチ。フリーフライトにて。
関口さんの歓迎ランチ。フリーフライトにて。

2013.6.7 旭硝子財団から研究助成を頂きました。

2013.5.24 実験医学2013年6月号に「酵母のすべての遺伝子の「限界コピー数」を測る」(金高令子、蒔苗浩司、守屋央朗)が掲載されました。論文の解説記事です。

2013.4.1 守屋が異分野融合先端研究コア・准教授になりました。科研費・挑戦的萌芽と新学術領域(公募)に新規採択されました。

2013.3.25 茅野さんが博士課程修了、森くん・宮地くんが卒業いたしました。おめでとうございます。

森くんと守屋さん
森くんと守屋さん
守屋さんとアヤコさん
守屋さんとアヤコさん

2013.3.11-15 タイのプリンス・オブ・ソンクラー大学から、スパシル・マネラート准教授が来訪されました(これは、岡山大学の国際交流基金の援助を受けた活動です)。

キリンビアパークにて
キリンビアパークにて
親睦会にていろいろなお話をしてくださいました
親睦会にていろいろなお話をしてくださいました

2013.2.22 出芽酵母のすべてのターミネーターの活性を測定した論文がACS sytnethic Biologyに掲載されました。これは豊田中央研究所との共同研究により行なわれたものです。

2013.1.1 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

2013年1月
2013年1月

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2012年のニュース

2012.12.28 「出芽酵母のもつすべての遺伝子の限界コピー数を測定した」論文が、Genome Research誌に掲載されました

2012.12.11-14 日本分子生物学会第35回年会@博多で、守屋、蒔苗、金高がポスター発表をしました。

2012.11.15 熊本大学特任助教の持田悟さんに、セミナー「細胞周期を制御するリン酸化/脱リン酸化酵素のシーソーゲーム」をして頂きました。

2012.11.13 11月19日(月)に、シンポジウム「Robustness and Evolvability」を開催いたします。

2012.8.1 Yeast 2012@プリンストンで、金高さんと雀部さんがポスター発表しました。

2012.6.27 遺伝子綱引き法の解説をした論文が、Molecular Biosystems誌(電子版)に掲載されました。これは、Molecular Biosystems誌の”Emerging Investigator Special Issue”に掲載されます。

2012.4.10 酵母を用いてカビの二次代謝物を効率よく生合成する論文が、ChemBioChem誌に掲載されました(静岡県立大学の渡辺先生との共同研究です)。

2012.3.23 金高さんと新谷さんが晴れやかに卒業の日を迎えました。おめでとうございます。

研究室にて(金高さん・守屋准教授・新谷さん)

2012.3 静岡県立大学の渡辺先生との共同研究が「化学と生物」に総説として発表されました

2012.1.11 守屋が九州大学農学部で講演「酵母細胞のシステム生物学ー細胞周期のロバストネス解析を中心としてー」をおこないました。

2012.1.1 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

守屋研2012抱負

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2011年のニュース

 

2011.12.7 「分裂酵母の細胞周期のロバストネスを測り、そのロバストネスを再現する数理モデルを開発した」論文がMolecular Systems Biology誌に掲載されました

2011.11.12 第9回 真菌分子細胞研究会で招待講演「出芽酵母の遺伝子量感受性遺伝子」を行いました(守屋)。

2011.11.11-12 ラボメンバーが第29回イーストワークショップで口頭発表・ポスター発表を行いました(進谷、金高)。進谷さんがポスター賞を受賞しました。

受賞で防災グッズをいただいた進谷さん

2011.10.26 金高さんが「学会賞等受賞者表彰」を受けました。受賞コメント:「守屋先生とみなさんのおかげで、このような素晴らしい賞をいただくことができました。ありがとうございました。」

学会賞等受賞者 金高さん

2011.10.6 両備てい園の研究助成を頂きました。

表彰状を手ににこやかな守屋さん

2011.9.16 UK-Japan共同研究の一環として、生物物理学会でシンポジウム「Dynamics and Robustness of Biological Systems」を開催しました(守屋)

2011.9.7 九州大学医学部で講演を行いました(守屋)。

2011.9.6 M2の金高さんが、酵母遺伝学フォーラムでポスター賞を受賞しました

2011.9.5-7 ラボメンバーが酵母遺伝学フォーラム 第44回研究報告会でポスター発表を行いました(蒔苗、茅野、進谷、金高)。

2011.9.3 生命科学夏の学校で講演を行いました(守屋)。

2011.8.1 Young Researchers Conference on Evolutionary Genomicsで講演しました(守屋)。

2011.7.11~16日 ポーランドで開かれた、25th Internal Conference on Yeast Genetics and Molecular Biologyに参加しました(守屋と蒔苗)。

2011.7.4 九州大学の大川恭行氏に「次世代シークエンサーによる細胞分化運命決定メカニズムの解明」というタイトルのセミナーをして頂きました。その後は、いつもの吉備土手へ。

2011.6.22 武田財団の助成金に採択されました。

2011.6.1-2 ソニーCSLの吉田氏、理化学研究所の海津氏をおまねきし、「酵母ロバストネス」ワークショップを開催しました。

ワークショップ後の懇親会。おなじみの(?)”吉備土手”にて。

2011.4.28 守屋研究室のホームページの見た目を新しくしました(内容は同じです)。守屋のブログを立ち上げました(前からあった物を統合しました)。

2011.4.1 守屋が准教授(特任)に昇任しました。いちご狩り(ファーマーズマーケット)に行きました。科研費(新学術領域、基盤B)に採択されました。

2011.1.24 International Symposium on on the Physicochemical Field for Genetic Activitiesで発表しました(守屋、茅野)。

2011年 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

進谷作成の守屋研今年のスケジュール