The Cellを通して見る酵母のモデル細胞としての役割

“Molecular Biology of the Cell”という細胞の分子生物学(そのままだが)の比類ない教科書がある。この5th Ed.を通して、酵母がどのチャプターに登場するのかを調べてみた(不完全な可能性大)。この、「細胞」というものを俯瞰的に見た教科書のどこに酵母が登場するかを知る事によって、酵母の「モデル細胞」としての存在意義を探ろうという訳だ。

これを見ると、酵母が細胞の基本原理を知るためにいかに普遍的かつ有用なモデルとなっているかが分かる。当然ながら(?)細胞間コミュニケーションの章では、酵母は全くでてこない。
以下、酵母が登場するチャプターには、*で印を付けた。
この他にも、図中の因子が(その名前から)あきらかに酵母で一番はじめに同定されたことがわかるものもあるが、図で表されているものが酵母での現象なのか、高等真核細胞での現象なのかが明らかでない場合には、ここに載せていない。

I. Introduction to the Cell

  • Chapter 1 – Cells and Genomes.*
    • 進化系統樹(Figure 1-21)
    • モデル細胞としての位置づけ(minimal model eukaryote)(Table 1-1)
    • 細胞の電子顕微鏡写真 (Figure 1-42)
    • 転写因子のネットワーク (Figure 1-44)
  • Chapter 2 – Cell Chemistry and Biosynthesis.
  • Chapter 3 – Proteins.*
    • 蛋白質相互作用のネットワーク (Figure 3-82)
    • 蛋白質相互作用のネットワーク (Figure 3-83)

II. Basic Genetic Mechanisms

  • Chapter 4 – DNA, Chromosomes, and Genomes.*
    • セントロメアの構造 (Figure 4-48)
  • Chapter 5 – DNA Replication, Repair, and Recombination.*
    • ゲノムワイドなDNA複製の追跡 (Figure 5-32)
    • DNA複製起点の同定法 (Figure 5-33)
    • 第III染色体の構造 (Figure 5-34)
    • 複製起点の構造 (Figure 5-35)
    • テロメアの短縮 (Figure 5-43)
  • Chapter 6 – How Cells Read The Genome: From DNA to Protein.
  • Chapter 7 – Control of Gene Expression.

III. Methods

  • Chapter 8 – Manipulating Proteins, DNA, and RNA.*
    • 温度感受性変異株 (Figure 8-55)
    • Secretory mutantの表現型 (Figure 8-57)
    • 遺伝子破壊 (Figure 8-68a)
  • Chapter 9 – Visualizing Cells.

IV. Internal Organization of the Cell

  • Chapter 10 – Membrane Structure.
  • Chapter 11 – Membrane Transport of Small Molecules and the Electrical Properties of Membranes.
  • Chapter 12 – Intracellular Compartments and Protein Sorting.
  • Chapter 13 – Intracellular Vesicular Traffic.*
    • COPII小胞の構成 (Figure 13-13)
  • Chapter 14 – Energy Conversion: Mitochondria and Chloroplasts.
  • Chapter 15 – Mechanisms of Cell Communication.*
    • 細胞のフェロモン応答による形態変化(Shmooing) (Figure 15-2)
    • フェロモン応答と浸透圧応答における足場蛋白質の役割 (Figure 15-61)
  • Chapter 16 – The Cytoskeleton.*
    • 酵母のアクチン細胞骨格 (Figure 16-6)
    • アクチン結合蛋白質の相互作用マップ (Figure 16-18)
    • 酵母細胞での細胞骨格を通じた蛋白質の局在化 (Figure 16-69a) *
    • 細胞のフェロモン応答による形態変化(Shmooing) (Figure 16-99, Figure 15-2と同じ)
    • フェロモン応答の信号伝達(形態変化) (Figure 16-100)
  • Chapter 17 – The Cell Cycle.*
    • 分裂酵母と出芽酵母の細胞周期 (Figure 17-5)
    • 細胞周期の温度感受性変異の概念 (Figure 17-6)
    • cdc15変異株の表現型 (Figure 17-7)
    • サイクリンとCDKのほ乳類との比較 (Table 17-1)
    • 細胞周期の制御因子一覧 (Table 17-2)
    • コヒーシンの構造 (Figure 17-24)
    • キネシンの役割 (Figure 17-32)
  • Chapter 18 – Apoptosis.

V. Cells in Their Social Context

  • Chapter 19 – Cell Junctions, Cell Adhesion, and the Extracellular Matrix.
  • Chapter 20 – Cancer.
  • Chapter 21 – Sexual Reproduction: Meiosis, Germ Cells, and Fertilization.
  • Chapter 22 – Development of Multicellular Organisms.
  • Chapter 23 – Specialized Tissues, Stem Cells, and Tissue Renewal.
  • Chapter 24 – Pathogens, Infection, and Innate Immunity.
  • Chapter 25 – The Adaptive Immune System.
(Visited 151 times, 1 visits this week)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください