A circadian clock in Saccharomyces cerevisiae.

Eelderink-Chen Z, Mazzotta G, Sturre M, Bosman J, Roenneberg T, Merrow M.

Proc Natl Acad Sci U S A. 2010 Feb 2;107(5):2043-7.

PMID: 20133849

出芽酵母で、概日リズム(サーカディアンリズム)を作ったという話・・・なのだが。

酵母をファーメンター(私は「つぼ」と呼んでいる)で継続培養を続けると代謝が数十分周期程度で振動をすることは知られている。

酵母で概日リズムがあるというのは、酵母のライフスタイルから考えて驚きである。このタイトルは、その驚きを(一瞬)与えてくれる。しかしちゃんと読んでみると、酵母の培養に外から概日リズムの刺激を与えることで酵母を概日リズムに同調できたという話なのだ。

この刺激をやめてしまうと、酵母の培養は概日リズムをすぐに失う。外からの刺激で酵母の培養を概日リズムに同調できたことがすごいのかもしれないが、これは本質的に概日リズムとよんでいいものなのだろうか?

(Visited 152 times, 1 visits this week)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください