分裂酵母の薬剤耐性選択マーカー

 

Three novel antibiotic marker cassettes for gene d… [Yeast. 2005] – PubMed result.

 

覚え書き:分裂酵母で薬剤耐性で選択するためのマーカーについての論文。富栄養培地や合成培地でどの濃度で薬剤を効かせたら良いか、その為に利用するマーカーカセット遺伝子について記述されている。

よく使われる、KanMX > G418に加え、以下の組み合わせが報告されている。

  • natMX6 > nourseothricin (NAT)
  • hphMX6 > hygromycin B
  • bleMX6 > phleomycin

ちなみに、MXの意味は、こちらのサイトを参考にしてもらいたい(驚きの真実が隠されている)。

それはいいとして、MX6とそれ以前のMXシリーズの違いはわずかで、何でかえなければならなかったのかは今ひとつよく分からない。ただ、この論文で「分裂酵母用に新しく作りました」と書かれているプラスミド、以前に「出芽酵母用に作りました」と報告されているものと、わずか数bpしか違わなく、またそれは分裂酵母と出芽酵母の違いに関連したものでは全くない。

従って、両者のカセットを分裂・出芽酵母で使い分ける必要は全くない(はずだ)。

(Visited 1,311 times, 9 visits this week)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください