化学と生物に掲載した「生命システムのロバストネスを探る」がJ-STAGEで公開されました。

KAGAKUTOSEIBUTSU : Vol. 47 (2009) , No. 4 pp.269-274.

私が2009年に「化学と生物」(日本農芸化学会誌)に掲載しました「生命システムのロバストネスを探る」が、J-STAGE(科学技術振興機構の電子アーカイブ)にPDFとして公開されたそうです。

今見ると中途半端でお恥ずかしい内容ではありますが、ここで宣伝させて頂きます。

図中にミスがあります。図2右の「異常の見られない遺伝子」は、11%となっていますが、3%が正しい記述です。ここで訂正させて頂きます。

(Visited 53 times, 1 visits this week)

1 Comment

  1. Pingback: 酵母とシステムバイオロジー » 近藤滋氏が細胞工学に「生命科学の明日はどっちだ」を連載中

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください