Whole-genome sequencing of a laboratory-evolved yeast strain.

Araya CL, Payen C, Dunham MJ, Fields S.

BMC Genomics. 2010 Feb 3;11(1):88.

PMID: 20128923

「次世代DNAシーケンサー」が発売されてしばらく立つが、当然ながら(?)予想される利用法として、酵母の変異株のどこに変異が入っているかをこれで同定するというものがある。

ランニングコストは相変わらずバカにならないらしいが、ゲノムを一気に読んでしまって、たった1つの変異を見つけるということも理論的には可能。

この論文では、実験室で人工的に「進化」させた酵母株のゲノムを次世代シーケンサーで解読してどこがどう変わっているかを調べた論文である。

Stan Fieldsという、酵母Two-hybrid systemを作った有名な研究者がラストオーサーだ。

(Visited 46 times, 1 visits this week)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください