シリーズ過剰発現・第6回「異数体の解析」

過剰発現のもう一つの方法として、異数体の解析があります。染色体数が通常の染色体セット数とは異なっている状態を異数性(Aneuploidy)と言います。例えば、ヒトの染色体数は46(常染色体 22本 x2セット +2本の性染色体)ですが、21番染色体が3本になる異数性はダウン症候群の原因です。また、癌細胞では染色体数の異常がしばしば発生します。

たいていの場合、異数性では染色体数が増え、その染色体上にコードされた遺伝子のコピー数が増えることになり、「過剰発現」と捉えることができます。異数性で起きる生理条件についても、出芽酵母で調べられてきました。特に、一倍体細胞において特定の染色体を2本に増やした「ダイソミー株」」について体系的な解析が行われています(図6-1)。

図6-1. 過剰発現実験としての異数体の解析

このダイソミー株の研究はMITのA. Amonのグループが研究を先導し、特に異数体細胞の整理条件について多くの発見をしています。異数性による過剰発現については本シリーズでは深く解説する予定ではありません。筆者がこれまでにいくつか関連するエントリーを書いていますので興味がある方はそちらを参照してください。

次回に続く。

(Visited 145 times, 3 visits this week)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください