How to understand the cell by breaking it: network analysis of gene perturbation screens.

PLoS Comput Biol. 2010 Feb 26;6(2):e1000655.

Markowetz F.

Cancer Research UK Cambridge Research Institute, Cambridge, United Kingdom.

PMID: 20195495 [PubMed – in process]PMCID: PMC2829042

システムバイオロジーの一部でもある、Functional Genomicsについてのレビュー。酵母以外の生物でどういう研究がされているか、また、Bioinformaticsの視点から見た機能解析の方法論等が述べられている。

現在、酵母でFunctional Genomicsをやっている自分としては、参考になるとともに、(データ解析が)頭の痛い問題だということがよくわかった。

Functional Genomicsはとにかく金がかかるのだから、多くの研究者にとって有用な財産を残すことも大事な仕事である・・・それもまた頭の痛い問題である。「他の人が使えるものを作る」為には、自分が使えるものを作ることの10倍くらいのリソースが必要となると感じる。

(Visited 51 times, 1 visits this week)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください