Periodic cyclin-Cdk activity entrains an autonomous Cdc14 release oscillator.

Lu Y, Cross FR.

Cell. 2010 Apr 16;141(2):268-79.

PMID: 20403323

酵母細胞周期のシステムバイオロジー的解析で他の追随を全く許さないFred Cross氏の新しい論文がCell誌に掲載された。

Cross氏は、マイクロ流路と巧妙に遺伝子操作した酵母を使って、微妙に遺伝子の発現量をコントロールした時の細胞の挙動を1細胞レベルで観察することで、次々と細胞周期の謎を解き明かしている。

今回の驚くべき発見は、これまでの「サイクリン依存性キナーゼ(CDK)が細胞周期のエンジンで、この活性の変化が歯車(Rachet)のように、細胞周期イベントを制御する」という「Rachetモデル」を覆し、「細胞周期イベントは、それぞれが独立に周期変動する機能を持っているが、それをCDKが同期させている」というものである。

これは、「フェーズロック(Phase lock)モデル」と呼ぶことができる。

確かにシアノバクテリアの概日リズムにも、独立の振動子が複数あることが分かってきている。細胞周期でもいくつかのイベントは、CDKとは独立に周期変動するという報告がたまってきていた。

本論文は、これらの発見を一気に統合してしまう、「新しい細胞周期観」のパラダイムを提供する報告である。

(Visited 48 times, 1 visits this week)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください