S. cerevisiaeにRNAiマシナリーがない理由

Compatibility with killer explains the rise of RNAi-deficient fungi. Drinnenberg IA, Fink GR, Bartel DP. Science. 2011 Sep 16;333(6049):1592. doi: 10.1126/science.1209575. PMID: 21921191

新しい論文ではないのですが見つけたので覚書として書いておきます。

S. cerevisiaeなどの出芽酵母の一部にはRNAiのマシナリーがなくて、「なんでなんだろう?」という疑問があったのですが、killer virusとの適合性のせいだろうという論文です。

RNAiマシナリー(Ago1, Dcr1)をS. cerevisiaeに移植してやったらKiller virusが脱落してしまったと。出芽酵母の種のうちKiller virusを持っているものとRNAiマシナリーを持っているものがちょうど相反する関係にあるとのことです。

 

 

(Visited 128 times, 1 visits this week)

1 Comment

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください