”Fragile”という言葉

例えば、以下の論文では、”Fragile(脆弱)”を物理的に弱いという意味で使っている。

Systematic identification of fragile sites via genome-wide location analysis of gamma-H2AX.

Szilard RK, Jacques PE, Laramée L, Cheng B, Galicia S, Bataille AR, Yeung M, Mendez M, Bergeron M, Robert F, Durocher D.

PMID: 20139982

これは、脆弱X染色体症候群で使われている意味と同じ。

一方私たちは、「システムが破綻しやすい」という意味でFragileを使っている。これは、ロバストの反対語である。また、遺伝的なシステムがFragileという場合、これは必ずしも遺伝用語の「lethal(致死)」と意味的に一致しない。

「壊れやすい」ということと、「壊れたら死ぬ」ということの違いである。

(Visited 225 times, 1 visits this week)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください