現代生物科学入門8「システムバイオロジー」

システムバイオロジー (現代生物科学入門 第8巻) 

システムバイオロジー (現代生物科学入門 第8巻)

「現代生物科学」シリーズ8。近藤滋、北野宏明、金子邦彦、黒田真也4氏による「システムバイオロジー」の解説である。

まず何よりこの本の面白いところ重要なところとは、学問分野の出身の異なる4氏が、それぞれの立場から「システムバイオロジー」とは何なのか(あるいはどう思っているか)を語っているところである。

「システムバイオロジーって何?」と思っておられる方は、その部分だけでも一読の価値がある。

私はこの4名の方を良く存じているが、やたらと俯瞰的なシステムバイオロジーの研究を網羅した教科書よりも、この4名それぞれに自分のやっているシステムバイオロジーを存分に語って頂くというこの本のやり方はとても成功していると思う。とくにシステムバイオロジーの、「バイオロジー」の部分の魅力が十分に伝わってくる。

それにしても、近藤滋氏のイントロダクション、相変わらずの感じで大変生き生きとしている。ただ、ずいぶんと「迎合した」というか、大人になったというか・・・そういうところが逆にこの方の魅力な訳だが・・・。

(Visited 162 times, 2 visits this week)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください