分裂酵母のプロテオームとトランスクリプトームの比較プロファイリング

2007年の論文ですが、依頼があって調べたので覚え書きとして掲載します。

Comparative proteomic and transcriptomic profiling of the fission yeast Schizosaccharomyces pombe.

分裂酵母の蛋白質の存在量を定量した研究としてはこれが現在のスタンダードになるのだろうと思います。蛋白質1465個をラベルフリーで定量、RNAの発現量と比較した研究です。

(Visited 149 times, 1 visits this week)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください